スマホ・ケータイ・PC対応アフィリエイトサービス

アフィリード [affilead] - スマホ・ケータイ・PC対応アフィリエイトプログラム

サイトオーナー様

ID PASS

広告主様

ID PASS

サイトオーナー 利用規約


第1条 ≪総則について≫
1. サイトオーナー利用規約(以下「本規約」と記載)は、株式会社メディアフラッツ(以下「当社」と記載)の提供するアフィリエイトマーケティングサービス[アフィリード](以下「本サービス」と記載)に登録し、広告主の広告を掲載するウェブサイト及びメールマガジン(以下「パートナーサイト」と記載)の管理者(以下「サイトオーナー」と記載)と当社との関係を定めるものとする。
2. 本サービスに登録をするサイトオーナーは、本規約の全条項に同意し、遵守するものとする。

第2条 ≪本サービスについて≫
1. 本サービスは、パートナーサイトに広告主のウェブサイト(以下「広告主サイト」と記載)にリンクしたバナー広告等を掲載し、パートナーサイトにアクセスした者(以下「訪問者」と記載)が当該バナー・テキスト広告等をクリックした場合等に、次条に定める広告報酬を当社が広告主に代行してサイトオーナーに支払うものとする。
2. サイトオーナーは、当社のウェブサイトで提供される当該サイトオーナー専用の管理ページ(以下「管理ページ」と記載)において、広告主が提供する広告報酬の種類、金額等の情報を確認する事が出来るものとする。

第3条 ≪広告報酬の種類について≫
1. 広告報酬には以下の種類があり、いずれの成功報酬が受けられるかは、広告主が選択するものとする。
1 クリック保証型
パートナーサイト上のバナー広告等が、訪問者にクリックされた回数に応じてサイトオーナーに報酬が支払われるものとする。ただし、訪問者のアクセスが、携帯端末以外からのアクセスと判断した場合はその計算に含まないものとする。
2 アフィリエイト(成果報酬)型
パートナーサイト上のバナー広告等をクリックして広告主サイトにアクセスした訪問者が、広告主サイトにおいて、商品やサービスを購入又は契約した場合、その代金にもしくは商品購入数を成果とみなし、成果に応じてサイトオーナーに報酬が支払われるものとする。
3 アフィリード(クリック保証+アフィリエイト)型
パートナーサイト上のバナー広告等が、訪問者にクリックされた回数に応じてサイトオーナーに報酬が支払われるものとする。その上で、広告主サイトにおいて、商品やサービスを購入又は契約した場合に、その代金もしくは商品購入数を成果とみなし、成果に応じてサイトオーナーに報酬が支払われるものとする。ただし、訪問者のアクセスが、携帯端末以外からのアクセスと判断した場合はその計算に含まないものとする。

第4条 ≪本サービスへの登録について≫
1. サイトオーナーになろうとする者は、当社のウェブサイトにおいて、当社の定める申込事項をすべて正確に記載し、登録を申し込まなくてはならないものとする。
2. 当社は、前項の申込があった場合には、必要な審査をした上で登録の承認をするかどうかを決定し、電子メールによりその結果を通知するものとする。サイトオーナーになろうとする者は、当社からの登録の通知を受けることで、正式にサイトオーナーになるものとする。
3. 当社は、サイトオーナーになろうとする者が、以下の事由に該当する場合には登録を承認しないものとする。
1 過去に本サービスに登録したことがあり、その登録が抹消されたことがある場合
2 申込時に登録申請した事項に偽りがあった場合
3 違法または反社会的行為をしている場合
4. 当社は、サイトオーナーになろうとする者の管理するウェブサイト及びメールマガジンが、以下の事由に該当する場合には、登録を承認しないものとする。
1 他人の名誉・信用を傷つけるおそれのある表現・内容を含むもの
2 特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・肖像権・プライバシー権その他の他人の権利を侵害する表現・内容を含むもの
3 ねずみ講、マルチ商法等に関わる又は類似する表現・内容を含むもの
4 違法または反社会的な表現・内容を含むもの
5 公序良俗に反する表現・内容を含むもの
6 コンピューターウィルスを含むもの
7 内容が不明ないし乏しい、概観が異様であるもの
8 本条各項に該当するウェブサイトへのリンクがあるもの
9 本条本項各号の事由に当てはまる恐れがあるもの
10その他当社が不適当と認めるもの

第5条 ≪広告主との報酬支払い契約の成立について≫
1. サイトオーナーは、管理ページにおいて、パートナーサイトにバナー広告等を掲載すること(以下「提携」と記載)を希望する広告主を選択するものとする。
2. 提携を希望するに当たり、管理ページに記載された広告報酬の種類・金額その他の提携条件を確認してこれを承認した後、提携の申請を行うものとする。
3. サイトオーナーが提携の申請をし、広告主がこれを承諾した場合、サイトオーナーと広告主の間に直接広告報酬支払契約が成立する。
4. 前項の契約が成立した場合、サイトオーナーは速やかにパートナーサイトに広告等を掲載しなくてはならないものとする。

第6条 ≪広告報酬の支払いについて≫
1. 当社は各案件ごとの成果条件に合致した件数から算出した広告報酬(税抜き)に消費税を加算した金額(総報酬額)をサイトオーナーに支払うものとする。
2. 広告報酬の支払いは、原則として1ヶ月毎に行う。但しその金額が2,000円に満たない場合は、2,000円に達するまで支払いを留保する。また、振込み日が土日・祝日の場合は翌営業日の支払いとする。
3. 当社は、毎月の広告報酬を翌月末までに、サイトオーナーがあらかじめ届け出た金融機関の口座(国外銀行口座及び郵便貯金口座は除く)に対して振込みにより支払うものとする。尚、この場合の振込手数料は、基本的に当社の負担とする。但し、登録情報の不備により組戻しが発生した場合はサイトオーナーの負担とする。
4. 広告主から当社に対する広告報酬の支払いが遅延した場合には、当社からサイトオーナーに対する支払いを留保することが出来るものとする。また、広告主が当社に広告報酬を支払わなかった場合、その理由を問わず、当社はサイトオーナーに対する支払い義務は無いものとする。
5. サイトオーナーが本規約に基づき当社に通知すべき事項を通知せず、あるいは第4条-4.に該当する場合や、第10条に該当する場合、その他本規約に違反する行為を行った場合には、当社はサイトオーナーに対し広告報酬を支払う義務を負わず、またサイトオーナーは広告報酬の返還要求に応じる義務があるものとする。
6. サイトオーナーに対する広告報酬の支払い後において、広告単価やクリック・成果数の集計等に誤りがあった場合、当社からサイトオーナーに対して支払い済み広告報酬の返還を求める事ができるものとし、サイトオーナーはそれに応じなければならないものとする。尚、返還の期限については原則として当社からの返還依頼後1ヶ月以内とする。

第7条 ≪本サービスの停止・中断について≫
1. 当社は、本サービスの稼動するサーバ、ソフトウェア等の保守点検、修理、補修等を定期的に又は緊急に実施する必要があると認める場合、その他の必要が認められる場合には、本サービスを一時的に停止出来るものとする。
2. 当社は、本サービスの提供を継続することが困難とする事情が生じたと判断した場合、本サービスを中断出来るものとする。
3. サイトオーナーは、当社が提供する本サービスが、本条各項の事由により一定期間停止される場合があることをあらかじめ承諾し、広告報酬が減額した場合でも異議を申し立てず、当社は損害賠償義務を負わないこととする。

第8条 ≪本サービス内容の変更について≫
1. 当社は、サイトオーナーに事前通知することなく本サービスの内容を変更出来るものとする。
2. 前項の場合によりサイトオーナーに不利益や損害等が発生しても、当社はその責任を負わないものとする。

第9条 ≪サイトオーナーの義務について≫
1. サイトオーナーは、パートナーサイトの内容の変更を行ったときは、直ちに当社に通知する義務があるものとする。また、パートナーサイトがアクセスできない状態になった時、またはなりうる可能性がある時も同様とする。
2. サイトオーナーは、パートナーサイトの内容を、第4条-4.各号に掲げる内容に変更してはならないものとする。
3. サイトオーナーは、パートナーサイトの内容に関して、トラブルが発生した場合には、サイトオーナーが全て自己の責任において円滑、迅速に解決を図り、当社及び広告主には一切の損害、負担、迷惑等をかけないものとする。
4. サイトオーナーは、本サービスの提供を受けることに支障、問題が生じた場合や、その他の問題を発見した場合は、直ちに当社に報告するものとする。サイトオーナーが報告を怠ったことにより、トラブルやその他の問題が生じた場合、サイトオーナーが一切の責任を負うものとする。
5. サイトオーナーは、管理ページを利用するために、当社が発行したID及びパスワード・その他の情報を厳重に管理するものとし、不正使用ならびに、第三者に漏したり使用させたりしてはならないものとする。
6. サイトオーナーは、当社を介さずに、広告主との間で、直接に広告報酬契約を締結・交渉をしてはならないものとする。パートナーサイトの登録抹消後においても同様とする。但し、以下の者については登録抹消後において、この限りではないものとする。
1 サイトオーナーの紹介により本サービスに参加した広告主
2 本サービス参加中の広告主により紹介されたサイトオーナー
7. サイトオーナーは、登録申込時に当社に申し出た事項に変更があった場合は、直ちに当社に通知するものとする。サイトオーナーがこの通知を怠ったことにより発生した争いごとについては、サイトオーナーが責任をもって処理し、当社はその責任を負わないものとする。

第10条 ≪禁止事項について≫
1. 禁止表現
1 サイトオーナーは、パートナーサイトにおいて、広告報酬を目的として広告等を掲載していることを示す表現、広告主の名誉や顧客との信頼関係を損ねかねない表現、本サービス内容を説明する表現、広告報酬の金額等を記載してはならないものとする。但し、宣伝文句・推薦文を記載するなどして訪問者を広告主サイトに誘導することはこの限りではないものとする。
2 サイトオーナーは、パートナーサイトにおいて、以下の情報を記載してはならないものとする。
・ 他人の名誉・信用を傷つけるおそれのある表現・内容を含むもの
・特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・肖像権・プライバシー権その他の他人の権利を侵害する表現・内容を含むもの
・ ねずみ講、マルチ商法等に関わる又は類似する表現・内容を含むもの
・ 違法または反社会的な表現・内容を含むもの
・ 公序良俗に反する表現・内容を含むもの
・ コンピューターウィルスを含むもの
・ 本条本項各号に該当するウェブサイトへのリンク
・ その他当社が不適当と認めるもの
2. 詐欺行為の禁止
1 サイトオーナーは、自ら又は第三者を通じ、広告を何度もクリックしたり、訪問者を装い不正に広告主サイトにアクセスし広告等をクリックしたり、広告を不正に多く表示させたり、虚偽のクリックを生成したり、虚偽の注文や登録など、広告報酬の支払い対象となる行為を行ってはならない。また、当社によって虚偽の不正なアクセスと見なされるいかなる行為も行ってはならない。この場合当社は詐欺行為と見なし法的に対処する。
3. 広告表示コード及び広告文言改変の禁止
1 サイトオーナーは、配信する広告表示用のHTMLコード、広告に利用する画像および文言などを当社が認める範囲内以上に改変したり、第三者に改変させてはならないものとする。登録抹消後においても同様とする。また、媒体の内外を問わずに当該広告に影響を及ぼす可能性のあるプログラムやスクリプトを記述したり、そのようなプログラムやスクリプトの記述のあるページへ当該広告ソースコードを掲載してはならない。
4. 登録サイト以外での広告表示用タグコード使用の禁止
1 サイトオーナーは、当社が表記・配信する広告表示用のタグコードを、登録を受けたサイト以外で使用してはならない。登録抹消後においても同様とする。
5. クリック誘導の禁止
1 広告文言をパートナーサイト内のリンクのように見せかけたり、コンテンツ内に広告文面を意図的に紛れ込ませたりするなど、訪問者にクリックを誘導させるような掲載方法は禁止とする。
6. メールマガジンへの広告掲載について
1 メールマガジンへの広告掲載についても、原則として、パートナーサイトの禁止事項を適用するものとする。
2 上号に加え、別途、メールマガジンへ広告する場合は、下記の事項を遵守すること。
・ クリック保証型広告の場合、メールマガジンへの広告掲載は、1配信につき広告タグ1つとする。
・ アフィリエイト型広告の場合、メールマガジンへの広告掲載の制限はないものとする。
7. スパム行為の禁止
1 電子メールでのスパム行為、掲示板への書きこみ等による宣伝行為、またそれ以外の方法・手段による第三者への迷惑行為に該当する宣伝行為をしてはならない。
8. プログラム・機器によるクリック偽造の禁止
1 サイトオーナーは、パートナーサイト内のHTMLコードを改変する、またはプログラムやスクリプト、コンピューターに接続する電子機器や、それ以外のあらゆる方法によって不正に広告をクリックしてはならない。
9. 1ページの広告掲載数上限超過の禁止
1 クリック保証型広告を、パートナーサイト内の1ページに掲載できる上限は、3個までとする。この上限を超過して、1ページに4個以上の広告を掲載してはならない。なお、アフィリエイト型広告については、1ページの上限数を無制限とする。

第11条 ≪監視業務について≫
1. 当社は、サイトオーナーが本規約に則り本サービスを利用しているか、また、本規約に反する行為や不正がないかを監視する業務を自己の裁量により行う。当社は、疑わしいと考えるサイトオーナーに対して、サーバーのログファイルを提出するよう求める権利を有するものとする。
2. 当社は、当該監視業務により、不正行為を行っている、もしくは行っている蓋然性が非常に高いと判断したサイトオーナーに対して、支払いの一部もしくは全部を拒否する権利を有するほか、サイトオーナーとしての登録をサイトオーナーへの事前の通知なくして取り消し、または損害賠償を請求する権利ならびに当該不正行為が悪質な場合は刑事告訴等の措置を講ずる権利を有するものとし、サイトオーナーは、これに対して一切の異議を申し立てないものとする。当該監視業務は、当社の独自の裁量により行われるものであり、いかなる意味においても、当社の義務を構成するものと解釈されない。
3. 当社は、本規約、配信条件その他規定を遵守した状態で表示された広告に対して、広告を閲覧した訪問者が、広告に対する興味、関心に基づいて、自発的に、適切な方法で行ったクリックのみをカウントする。適切か否かの判断は、当社が一方的に行う事ができるものとする。当社は、広告主に対してクリックの質を保証するため、クリックの発信元を分析し、適切なクリックのみをカウントする極めて厳格なクリックカウントシステムを採用しており、短時間に同一人が行ったクリック、検索エンジン等のロボットが行ったクリック、サイトが誤った設定をしている広告タグからのクリックおよび携帯電話端末以外からのクリックは、カウントしない。サイトオーナーは、当社のシステムによるクリックカウント方法について完全に合意し、その結果について一切の異議を述べない。また当社は、セキュリティ確保その他の理由により、クリックカウント方法について詳細を開示する義務を負わない。
4. サイトオーナーは、当社が、ネットワーク巡回システムおよびサイトチェッカその他の方法により、サイトオーナーによる不正行為等の監視を行うことにつき、異議なく承諾するものとする。
5. 当社は、不正なクリックを発生させている可能性のある疑わしいパートナーサイトを発見した場合には、事前通告無く直ちに、広告配信の停止、支払いの停止、登録の抹消、もしくは法的措置またはこれらに変わる全ての手段に訴えることができるものとする。不正の有無についての判断は、当社が一方的に行うことが出来るものとし、その説明の義務を負わないものとする。

第12条 ≪報酬の計算について≫
1. パートナーサイトは、広告報酬を正当に請求する権利を有する。クリック保証型広告による広告報酬は、毎月、当社で認定された適正なクリック数に対してクリック保証型広告単価を適用して算出する。アフィリエイト型広告による広告報酬は、毎月、当社で認定された適正な成果数に対してアフィリエイト型広告単価を適用して算出する。アフィリード型広告による広告報酬は、毎月、当社で認定された適正なクリック数に対してクリック保証型広告単価を適用したものに加えて、当社で認定された適正な成果数に対してアフィリエイト型広告単価を適用して算出する。サイトオーナーはこれらの報酬の計算について異議を申し立てることはできない。なお、契約期間中のパートナーサイトの都合による広告の貼付解除は支払い対象としない。また、サイトオーナーが第10条に規定する禁止事項を行った場合、登録中のサイトすべての報酬の支払いは、行わないものとする。

第13条 ≪権利の譲渡禁止について≫
1. サイトオーナーは、本規約に定める権利の全部、又は一部を第三者に販売・譲渡・担保・第三者に使用等させてはならないものとする。

第14条 ≪情報の管理について≫
1. 当社は、本サービスの提供により得た情報を外部に漏らしたりせずプライバシーポリシーを遵守するものとする。

第15条 ≪守秘義務について≫
1. サイトオーナーは本サービスに関係して知った、当社又は広告主の技術上、業務上、その他の秘密に属すべき一切の事項を第三者に知らせてはならないものとする。サイトオーナーの登録抹消後においても同様とする。

第16条 ≪著作権等について≫
1. 本サービスにおける全ての著作権、その他関連知的財産権は当社に帰属するものとする。

第17条 ≪サイトオーナーの登録抹消について≫
1. 当社は、以下の事項が生じたときは、催告することなく、サイトオーナーに通知することにより、サイトオーナーの登録を抹消できるものとする。サイトオーナーの登録が抹消された場合には、サイトオーナーと広告主間の広告報酬支払契約も終了するものとする。
1 戦争・紛争・災害やその他の異常事態により本サービスの提供継続が困難と当社が判断した場合
2 サイトオーナーが登録申込時に申請した事項に、虚偽の事実があったことが判明した場合
3 サイトの内容が第4条-4.各号に掲げるものに該当する場合
4 当社に対して通知すべき事項の通知を怠った場合
5 当社からサイトオーナーに対し連絡が取れなくなった場合
6 サイトオーナーが本規約に違反した場合
7 その他、サイトオーナーに不実又は不信用行為があり、契約を継続しがたいと認められる場合
8 極端に広告効果が悪いと当社または広告主が判断した場合
9 本条各項に当てはまる恐れのある場合
2. 前項の規定により、登録抹消された場合、第1号に規定する場合を除き、サイトオーナーに対する広告報酬は支払わないものとする。

第18条 ≪広告報酬支払契約の終了について≫
1. 当社と広告主との間の契約が解除された場合は、サイトオーナーと広告主の間の広告報酬支払契約は、同時に終了するものとする。この場合、当社は速やかにサイトオーナーに通知するものとし、契約終了後の広告報酬は支払わないものとする。
2. 広告主がサイトオーナーとの提携を解消する旨を申し出た場合、当社は速やかにサイトオーナーに通知するものとし、その通知により広告報酬支払契約が終了するものとする。尚、その場合の理由が、サイトオーナーの本条の義務違反の場合、又はその可能性のある場合は、当社は広告報酬を支払わないものとする。

第19条 ≪サイトオーナーによる退会について≫
1. サイトオーナーは、いつでも本サービスの登録抹消を申し出ることが出来る。
2. サイトオーナーから登録抹消の申し出があり、当社及び広告掲載中の広告主がこれを承諾し、サイトオーナーにその旨を通知したときに登録は抹消され、広告主との間の広告報酬支払契約も終了するものとする。

第20条 ≪契約の途中解消≫
1. パートナーサイトのクリック率が当社独自適正値を上回った場合、契約途中であっても契約を解消する場合がある。上記の場合、当社は広告報酬を支払わないものとする。なお、サイトオーナー、あるいは共謀者によるクリック行為が明らかな場合は報酬は支払われないものとする。

第21条 ≪未払広告報酬の扱いについて≫
1. 最後に報酬が発生した日から1年を経過した場合、その金額を問わずサイトオーナーの未払広告報酬の請求権は消滅するものとする。
2. サイトオーナーから登録抹消の申し出があり、当社が承諾・登録抹消した場合、その金額を問わずサイトオーナーの未払広告報酬の請求権は消滅するものとする。
3. サイトオーナーの口座に報酬を振り込もうとしたときに、何らかの理由により振込み不能な状態が1年継続した場合、その金額を問わずサイトオーナーの未払広告報酬の請求権は消滅するものとする。
4. 一旦未払広告報酬の請求権が消滅した場合、その後に広告報酬が発生しても、消滅した未払広告報酬の請求権は復活しないものとする。

第22条 ≪損害の免責について≫
1. 当社は、サイトオーナーが本サービスに関して被った損害について、その原因・因果関係の如何を問わず、賠償責任を負う義務が無いものとする。
第23条 ≪連絡について≫
1. 当社は、サイトオーナーに対する通知・連絡等をすべて電子メールにより行うものとする。
2. 当社からサイトオーナーに対する通知・連絡等は、当社から電子メールを発信した日にサイトオーナーに到達したものとみなす。
3. サイトオーナーがメールアドレスを変更した場合、直ちに当社に届け出なくてはならない。
4. 上記に違反しメールアドレスを届け出なかった事により当社からの電子メールが未到着の場合、当社からサイトオーナーに対する通知・連絡等がなされたものとする。

第24条 ≪反社会的勢力について≫
1. サイトオーナーは、次の各号に該当しないことを表明・確約し、この表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、本サービスにおいて登録抹消手続きがなされること、また、これによりサイトオーナーまたはサイトオーナーの属する団体に損害が生じた場合でも、いっさいサイトオーナーの責任とすることに同意するものとする。
1 本サービス利用期間中、サイトオーナーは、次のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとする。
・ 暴力団
・ 暴力団員
・ 暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
・ 暴力団準構成員
・ 暴力団関係企業
・ 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
・ 上記各号に準ずる者
(以下これらを「暴力団員等」と記載)
2 本サービス利用期間中、サイトオーナーは、次のいずれかに該当する者でないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとする。
・ 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
・ 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
・ 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
・ 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
・ 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
3 サイトオーナーは、自らまたは第三者をして、次のいずれかにでも該当する行為を行わないことを確約するものとする。
・ 暴力的な要求行為
・ 法的な責任を超えた不当な要求行為
・ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
・ 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて会社の信用を毀損し、または会社の業務を妨害する行為
・ その他以上の行為に準ずる行為
2. 前項の規定により登録抹消の手続きがなされた場合には、サイトオーナーは、当該登録抹消により生じた損害について、当社に一切の請求を行うことができないものとする。

第25条 ≪本規約の効力について≫
1. 本規約は、サイトオーナーが本規約に同意し登録を申請した日から効力を有するものとする。

第26条 ≪準拠法について≫
1. 本規約は、日本法を準拠法とし、日本法によって解釈されるものとする。

第27条 ≪合意管轄裁判所について≫
1. 当社とサイトオーナーの間に本規約に関して争いが生じ訴訟を提起する場合、平塚簡易裁判所を第一審の合意管轄裁判所とする。

第28条 ≪規約の変更及び条件の改訂について≫
1. 本規約及び広告主との契約条件は随時変更される事を条件とし、変更内容を通知した後において登録の抹消を申し出なかったサイトオーナーは、変更後の規約を承認したものとする。

第29条 ≪協議事項について≫
1. 本規約に定めのない事項について疑義が生じる、又は本規約の各条各項の解釈に疑義が生じた場合、当社及びサイトオーナーはお互いに誠意をもって協議し、これを解決するものとする。

第30条 ≪本サービスにおける個人情報の扱いについて≫
1. 当社は、本サービスを遂行するのに必要な範囲内で、本サービスの参加者の提供に基づき情報(以下、「参加者情報」と記載)を受領する。
2. 当社は、以下に定める場合を除き、参加者情報の利用並びに情報提供者の承諾を得た者以外の第三者への情報提供及び開示を一切行わない。
1 本サービスの参加者が不正行為を行い、これを当社が確認し、不正により被害・損害を受けた被害者から当該参加者の情報開示の要求があった場合
2 当社の権利行使に必要な場合
3 当社が行う業務の全部または一部を第三者に委託する場合
4 当社に対して秘密保持義務を負う者に対して開示する場合
5 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合
6 裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会またはこれらに準じた権限を有する機関から開示を求められた場合
7 個人情報の保護に関する法律及びその他の法令により認められた場合
3. 当社は、本サービスを遂行するにあたり、参加者情報を以下の目的で利用することができるものとする。
1 連絡の際に本人確認を行うため
2 提供された情報を審査・確認するため
3 当社から問い合わせを行う、もしくは参加者からの問い合わせに対応するため
4 料金の請求、報酬の支払いのため
5 アンケート、懸賞、キャンペーンの実施のため
6 マーケティングデータの調査、統計、分析のため
7 新サービス、新機能の開発のため
8 本サービスを維持(不具合対応を含む)するため
9 本サービスに関わる情報を通知するため
10 当社及び第三者の商品・サービス等を宣伝するため

第31条 ≪本サービスにおけるデータ管理について≫
1. 当社は、本サービスを遂行するにあたり、参加者の明確な同意がある限りで参加者の顧客情報を受領する。
2. 当社は、前項における顧客情報を本サービスにおけるトラッキングシステム(成果情報の受け取り)のバックアップサポートのためのみに使用し、それ以外での利用並びに情報提供者の承諾を得た者以外の第三者への情報提供及び開示を一切行わない。

第32条 ≪本サービスにおけるIDとパスワードについて≫
1. 当社は、本サービスで参加者に対して発行するIDやパスワードを第三者に漏洩せず、また開示について特段の法的義務を負う場合を除き、いかなる第三者からの要請にも応じない。

[平成17年6月1日 制定]
[平成17年10月27日 改訂]
[平成19年10月4日 改訂]
[平成22年8月25日 改訂]
[平成25年10月7日 改訂]
[平成26年4月1日 改訂]

表示 パソコン・スマホ|携帯