すべての広告タグをSSL対応いたしました

SSLとは?

SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上の通信データを暗号化して送受信する技術のことです。ブラウザは、HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)という通信ルールでSSLを使い安全にデータをやり取りすることができます。

SSL対応(HTTPS化)したWebサイトは、URLが「https://~」で始まり、ブラウザに鍵マークが 表示され安全性が確保されていることがわかります。 鍵マークから、第三者機関による安全性の証明書を確認することができます。 この証明書により、そのサイトがなりすましではない(信頼できる)ことがわかります。

今でも使われている「http://~」で始まるURLは、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)という 通信ルールでデータをやり取りしていることを示しています。 しかしHTTPは通信が暗号化されないため、第三者によるデータの改ざん、なりすまし、漏洩などに さらされるリスクがあります。

かつては個人情報を入力する場合など、重要な情報をやり取りするページのみSSL対応していましたが、近年ウェブサイト全体をSSL対応(常時SSL)する動きが高まってきています。

SSL image

SSL対応のWebサイトが増加している理由

SSL対応広告タグの利用方法

広告タグ発行画面に表示中の広告タグは、すべてSSL対応広告タグ(URL部分がhttps://~で 始まるもの)に変更済みです。
従来どおり、広告タグ発行画面より取得しご掲載ください。

※従来の広告タグ(URL部分がsのつかないhttp://~で始まるもの)も通常通りお使いいただけます。

※従来の広告タグ(URL部分がsのつかないhttp://~で始まるもの)はSSL対応しておりません。
SSL対応したい場合は、お手数ですがSSL対応広告タグを取得しお貼替えください。

よくある質問

    • Q 従来の広告タグ(URL部分がsのつかないhttp://~で始まるもの)を掲載している場合貼替えなけばいけないのですか?
    • A SSL非対応のWebサイトの場合、貼替える必要はありません。 SSL対応のWebサイトの場合、貼替えをおすすめいたします。
    • Q SSL対応のWebサイトに、従来の広告タグ(URL部分がsのつかないhttp://~で始まるもの)を掲載していても大丈夫ですか?
    • A セキュリティで保護されていないコンテンツが含まれることになるため ブラウザによっては警告が表示されたり、広告表示やカウントが正常に動作しない場合があります。
    • Q SSL非対応のWebサイトに、SSL対応の広告タグを掲載しても大丈夫ですか?
    • A ほとんど支障はありません。ただしSSL通信が行えない端末(一部のフィーチャーフォン)では、SSL対応広告が正常に動作しません。詳しくは各キャリア公式サイトにてご確認ください。→ docomo / au / SoftBank
    • Q 従来の広告タグは、「http」部分を「https」に変えればよいのですか?
    • A SEOサイトの場合、PV計測を行うためのタグ文字列が一部変更になります。お手数ですが、SSL対応広告タグを取得し、お貼替えください。SEOサイトでない場合「http」部分を「https」に置換することでも対応できますが、SSL対応広告タグを取得しなおしていただくことをおすすめいたします。
    • Q SSL対応広告タグを掲載したのに、広告主サイトのURLが「http://~」となっています。
    • A 広告タグの遷移先(広告主サイト)がSSL対応していない場合、そのURLは「http://~」となります。
広告表示に問題がある場合や、その他ご不明な点がある場合は info@affil.jp までお問合せください。